上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニーナは常日頃、ふと気がつくと、
自分の運命を嘆いていることが多かったが、
この日以来、そういうことはしなくなった。

むしろ、
三度も奇跡的に助けられたこの命を充実させて生きぬくことこそが、
ムラビヨフやソーニャにたいする恩返しだと思うようになった。



「戦場のニーナ」なかにし礼著(講談社)





なかにし礼さんは作詞家として有名ですが、
作家としてもずたくさん本を出していますね。

私がなかにし礼さんの本を心にとめたのは、
常盤貴子主演の映画「赤い月」を見たときが最初でした。

この本は、なかにし礼さんのお母さんのお話を書いたものでした。
満州で日本の敗戦を迎え、日本に引き上げて生き延びるための、
お母さんの生き方、考え方を書き表したもので、
母親の愛情をすごく感じて、涙しました。



さて、この「戦場のニーナ」は満州で生まれたなかにし礼さんが、
ロシアを舞台に描いたものです。

中国人と思われていたニーナが、
日本人とわかるまでの長い話です。


でもとても読みやすく、あっという間に読み終えてしまう本でした。
今、人気の本です。

スポンサーサイト

テーマ : 生き方 - ジャンル : ライフ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。