上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人は楽しく幸せになるために生まれてきていると
私は信じています。

そしてその楽しさの最高のものは
人を喜ばせることだと思うのです。


人を喜ばせることにおいて、
私は「料理」という、すばらしい手段を与えられらたとつくづく感謝しています。


船越康弘・船越かおり著「わらのごはん」(地湧社)




玄米菜食のマクロビオティック料理教室に通っていた私は、
船越康弘さんのお話を2回聞いたことがあります。


船越夫妻は玄米菜食の民宿を、
岡山県の中でも田舎の場所で15年間も経営してきた方です。

地方で無理だといわれながら、予約満杯の民宿で、
今はお子さんたちのニュージーランドのシュタイナー学校入学により、
ニュージーランドで民宿をしています。


船越康弘さんは、とっても話の楽しい方です。
この料理本も、おいしそうな料理の写真と、
船越さんの哲学の詰まった、楽しい本です。

私は初版(1999年)で買いましたが、
いまだに売れ行き好調です。

スポンサーサイト

テーマ : もっとイイ暮らし - ジャンル : ライフ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。